プログラム

発表者の方へ

一般講演の講演時間は,講演15分,質疑5分の計20分と致します.
ただし,OSでの講演については,オーガナイザの指示に従ってください.

学会ではプレゼンテーションのためのPCは用意しておりません.
VGA(D-sub 15pin)・HDMI接続のプロジェクターのみ利用が可能です.ノートPC,変換アダプタ等は各自ご持参ください.
(セッション開始前に必ず動作確認をしてください.)


特別講演

  • 特別講演1「制御システムセキュリテイへの道程とこれから」講師:新 誠一(電気通信大学)
  • 特別講演2「On Structured Controller Synthesis by Convex Optimization」講師:Carsten W. Scherer (The University of Stuttgart, Germany)

詳細はこちらをご覧ください.

受賞記念講演

  • 木村賞受賞記念講演「Passivity-based Control and Optimization in Networked Robotics and Beyond」講師:畑中 健志(東京工業大学)
  • パイオニア賞受賞記念講演「大規模システムの制御系設計理論の体系化」講師:桜間 一徳(鳥取大学)

詳細はこちらをご覧ください.

招待講演

  • 招待講演 1 (ISCS Invited Talk)「Homogeneous Rational Lyapunov Functions for Performance Analysis of Switched Systems」講師:Graziano Chesi (The University of Hong Kong, Hong Kong S.A.R.)
  • 招待講演 2 (誘導制御シンポジウム 招待講演1)「21世紀の航空管制とオートメーション〜空の旅の舞台裏で,世界の科学技術者たちと働く〜」講師:伊藤 恵理(海上・港湾・航空技術研究所)
  • 招待講演 3 (誘導制御シンポジウム 招待講演2)「宇宙分野におけるカルマンフィルタの応用」講師:岩田 隆敬(宇宙航空研究開発機構)

詳細はこちらをご覧ください.

チュートリアル

  • チュートリアル 1 「IoT社会における制御システムセキュリティの最前線」講師:澤田 賢治(電気通信大学),阿部 真吾(JPCERTコーディネーションセンター)
  • チュートリアル 2 「農林業用ロボティクスとその制御技術」講師:真鍋 伸次(埼玉りそな産業経済振興財団),飯田 訓久(京都大学)
  • チュートリアル 3 「プラントモデルを活用した制御システム開発の最新動向・EV時代に向けて」講師:岩倉 淳(IDAJ),都築 勝也(dSPACE Japan),村瀬 道夫(小野測器),青木 仁孝(IAV)
  • パネル討論 「制御技術2.0:これからの制御技術の在り方を考えよう!」パネリスト:浅井 徹(名古屋大学),浅野 一哉(JFEスチール),大谷 哲也(横河電機), 加納 学(京都大学),平田 光男(宇都宮大学),山口 高司(リコー)

詳細はこちらをご覧ください.

ワークショップ

  • ワークショップ 1「非線形制御じゃなきゃだめなんです!!」講師:三平 満司(東京工業大学),石川 将人(大阪大学),井上 正樹(慶應義塾大学),南 裕樹(大阪大学)

詳細はこちらをご覧ください.

学生向け企業ランチョンセッション

  • ランチョンセッション1:アイシン精機
  • ランチョンセッション2:JFEスチール
  • ランチョンセッション3:MathWorks Japan
  • ランチョンセッション4:デンソー

詳細はこちらをご覧ください.

特別講演

以下の特別講演が開催されます.


特別講演1

「制御システムセキュリテイへの道程とこれから」

日時・場所

3月9日(金)15:40〜16:20 21C室

講師

新 誠一(電気通信大学)

概要

マイコンによる電子制御化,そしてネットワーク化という流れの中で,制御系のサイバーセキュリティ対策が大きな課題となっている.SICEでは2010年初頭から,この対策を産業部門ネットワーク部会で論じてきた.しかしながら,大きなムーブメントにはならなかった.
2010年に大騒ぎとなったイランのウラン濃縮工場を攻撃したStuxnetは,そのような状況を一変させた.さらに,2011年には東日本大震災により東日本の太平洋沿岸を中心に電気,ガス,水道,交通,通信などの重要インフラが停止し,被災者を始め全日本的な混乱を引き起こした.この二つの事象を踏まえて,国の支援を受けて2012年に技術組合制御システムセキュリティセンターが発足した.ここでは,このセンターを中心とする制御システムセキュリティ対策の組織化の道程と,これからの方向性を講演する.

講師略歴

新 誠一

新 誠一(しん せいいち)君

1980年東京大学大学院工学系研究科修士課程修了.同年,同大学工学部計数工学科助手.1987年工学博士(東京大学).同大学講師を経て,1988年筑波大学電子・情報工学系助教授.1992年東京大学工学部助教授.2001年同大学情報理工学系研究科助教授.2006年電気通信大学教授.計測自動制御学会論文賞竹田賞,技術賞,電気学会優秀技術活動賞技術報告賞,情報セキュリティ大学院大学情報セキュリティ文化賞,情報化促進貢献個人等表彰経済産業大臣賞個人部門など受賞.制御理論を中心に広く工学全体に興味を持つ.計測自動制御学会フェロー,元会長. (一財)製造科学技術センター評議員.日本能率協会GOOD FACTORY賞審査委員会名誉委員長,共同研究組合制御系セキュリティセンター理事長など.


特別講演2

「On Structured Controller Synthesis by Convex Optimization」

日時・場所

3月10日(土)16:30〜17:10 21C室

講師

Carsten W. Scherer (The University of Stuttgart, Germany)

概要

We highlight the opportunities and challenges in the field of controller synthesis by linear matrix inequalities. A particular emphasis will be laid on exposing the mechanisms behind the design of controllers that are required to have particular structures. We address the direct optimal design of nested output feedback controllers and the construction of converging relaxation hierarchies for 2D- and networked controller synthesis.

講師略歴

Prof. Carsten W. Scherer

Professor Carsten W. Scherer

Carsten W. Scherer received the Ph.D. degree in mathematics from the University of Würzburg (Germany) in 1991. After six months of research at the University of Groningen (The Netherlands), the University of Michigan (Ann Arbor) and Washington University (St. Louis) respectively, Dr. Scherer joined Delft University of Technology (The Netherlands) in 1993 where he held positions as an assistant and associate professor. In fall 1999 he spent a three months sabbatical as a visiting professor at the Automatic Control Laboratory of ETH Zurich. From December 2001 until February 2010 he was a full professor at the Delft Center for Systems and Control at Delft University of Technology. Since March 2010 he holds the SimTech Chair for Mathematical Systems Theory in the Department of Mathematics at the University of Stuttgart in Germany. His main research activities cover various topics in applying optimization techniques for developing new advanced controller design algorithms and their application to mechatronics and aerospace systems. Dr. Scherer acted as the chair of the IFAC technical committee on Robust Control (2002-2008), and he has served as an associated editor for IEEE Transactions on Automatic Control (1997-1999), Automatica (2000-2006) and Systems and Control Letters; he is currently active on the editorial boards of the IEEE Transactions on Automatic Control and the European Journal of Control. Since 2013 he is an IEEE fellow “for contributions to optimization-based robust controller synthesis“.


受賞記念講演

以下の受賞記念講演が開催されます.


木村賞受賞記念講演

「Passivity-based Control and Optimization in Networked Robotics and Beyond」

日時・場所

3月9日(金)16:30〜17:10 21C室

講師

畑中 健志(東京工業大学)

概要

Passivity is an input–output property of dynamical systems, which generalizes physical systems that cannot store more energy than the energy supplied from outside the system. It has been one of the most physically appealing concepts in systems and control theory. Due to the composability property inherent in passive systems, this concept has been actively studied in control of network systems during the last decade. This talk is intended to review a series of our works related to the passivity. In the former half, we start with general results on passivity-based output synchronization, and the foundations presented therein are then shown to play a key role in achieving motion coordination for a network of rigid bodies. The latter half presents several extensions of the above results including human-swarm-interactions, multi-agent optimization and constructive CPS (Cyber-Physical System) design with applications to visual human localization and energy management for connected buildings.

※ 本講演は英語で行っていただく予定です/This lecture will be given in English.

講師略歴

畑中 健志

Professor Takeshi Hatanaka

Takeshi Hatanaka received the Ph.D. degree in applied mathematics and physics from Kyoto University in 2007. Since 2007, he has been with Tokyo Institute of Technology, where he is currently an Associate Professor. He is the coauthor of Passivity-Based Control and Estimation in Networked Robotics (Springer, 2015). His research interests include networked robotics and energy management systems. He received the Kimura Award (2017), Pioneer Award (2014), Outstanding Book Award (2016) and Outstanding Paper Awards (2009, 2015) all from SICE. He also received 10th Asian Control Conference Best Paper Prize Award (2015). He is an AE for IEEE TSCT and SICE JCMSI, and a member of the Conference Editorial Board of IEEE CSS.

畑中 健志(はたなか たけし)君

2007年京都大学大学院情報学研究科数理工学専攻博士後期課程修了. 同年より東京工業大学大学院理工学研究科機械制御システム専攻助教, 2015年より同准教授,2016年より同大学工学院准教授となり現在に至る. 分散エネルギー管理システムおよびネットワーク化ロボティクスの研究に従事. Passivity-Based Control and Estimation in Networked Robotics (Springer) および マルチエージェントシステムの制御(コロナ社)の著者.博士(情報学). 2017年計測自動制御学会制御部門研究賞(木村賞),2014年同パイオニア賞, 2016年度計測自動制御学会学会賞(著述賞),2009, 2015年度同論文賞, 2015 Asian Control Conference Best Paper Prize Awardなどを受賞.


パイオニア賞受賞記念講演

「大規模システムの制御系設計理論の体系化」

日時・場所

3月11日(日)11:00〜11:40 21C室

講師

桜間 一徳(鳥取大学)

概要

近年,IoT (Internet of Things) が普及することで,モバイル端末,電気機器,建築物,乗用車など様々な要素システムが,情報交換を通じて大規模につながりつつある.このような大規模システムの効率的な運用法を生み出すことは,将来,社会インフラを中心に多大な利益をもたらすことが期待される.大規模システムでは全体の状況を把握することが難しいため,システムの構成要素がそれぞれ局所情報のみを用いて自律制御する分散制御が重要視されている.本講演では,大規模システムの分散制御器設計理論を体系化した一連の研究結果を概説する.まず,大規模システムにおける制御性能の統一的な評価指標について考え,つぎに,与えられたネットワーク上でこの指標の意味で最適な分散制御器を設計する方法について解説する.これによって,最適な制御器はネットワークのグラフにおけるクリーク,つまり完全部分グラフに依存する関数の和で構成されることを明らかにする.さらに,本手法をロボット群のフォーメーション制御や電力システムの安定化に応用した結果を示す.

講師略歴

桜間 一徳

桜間 一徳(さくらま かずのり)君

2004年京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻博士後期課程修了. 同年電気通信大学大学院電気通信学研究科電子工学専攻助手. 2007年助教を経て, 2011年から鳥取大学大学院工学研究科機械宇宙工学専攻准教授となり, 現在に至る. 博士(情報学).大規模システム・マルチエージェントシステム・サイバーフィジカルシステムの協調分散制御の研究に従事.IEEE,計測自動制御学会,システム制御情報学会,電子情報通信学会などの会員.2014年,2015年計測自動制御学会制御部門大会賞,2016年計測自動制御学会著述賞受賞.


招待講演

以下の招待講演が開催されます.


招待講演 1 (ISCS Invited Talk)

「Homogeneous Rational Lyapunov Functions for Performance Analysis of Switched Systems」

日時・場所

3月9日(金)11:00〜11:40 Room 1

講師

Graziano Chesi (The University of Hong Kong, Hong Kong S.A.R.)

概要

An old open problem in continuous-time switched linear systems consists of determining the H2 norm and the root mean square (RMS) gain. Indeed, existing methods allow one to find only (generally) conservative upper bounds of these performance indexes. This talk addresses this problem by introducing a novel class of Lyapunov functions, called homogeneous rational Lyapunov functions (HRLFs). It is shown that sufficient conditions for establishing upper bounds of the sought performance indexes in the case of arbitrary switching can be given in terms of linear matrix inequality (LMI) feasibility tests by searching for an HRLF of chosen degree. Moreover, it is shown that these conditions are also necessary by searching for an HRLF of degree sufficiently large. Hence, the talk continues by considering the case of switching with dwell time constraints, showing that analogous LMI conditions can be obtained for this case by searching for a family of HRLFs mutually constrained by the dwell time specification.

講師略歴

Graziano Chesi

Professor Graziano Chesi

Graziano Chesi received the Laurea from the University of Florence in 1997 and the Ph.D. from the University of Bologna in 2001. He joined the University of Siena in 2000 and the University of Hong Kong in 2006. Dr. Chesi served as Associate Editor for Automatica, the European Journal of Control, the IEEE Transactions on Automatic Control, the IEEE Transactions on Computational Biology and Bioinformatics, and Systems and Control Letters. He founded and served as chair of the Technical Committee on Systems with Uncertainty of the IEEE Control Systems Society. He served as chair of the Best Student Paper Award Committees for the IEEE Conference on Decision and Control and the IEEE Multi-Conference on Systems and Control. Dr. Chesi is author of the books “Homogeneous Polynomial Forms for Robustness Analysis of Uncertain Systems” (Springer 2009) and “Domain of Attraction: Analysis and Control via SOS Programming” (Springer 2011). He is first author in more than 160 publications. He is a Fellow of the IEEE.


招待講演 2 (誘導制御シンポジウム 招待講演1)

「21世紀の航空管制とオートメーション〜空の旅の舞台裏で,世界の科学技術者たちと働く〜」

主催・企画

計測自動制御学会 制御部門 アドバンスト航法誘導制御技術調査研究会

日時・場所

3月10日(土)12:30〜14:10 Room 9

講師

伊藤 恵理(海上・港湾・航空技術研究所)

概要

世界の空には,常時6000機を超える航空機が飛行しているといわれている.アジアの経済成長の影響で,その数はさらに増加すると予測される.将来の航空需要に対応するために,世界規模で実用化が進められているのが,航空機の自律飛行である航空機監視応用システム(ASAS)だ.ハードウェア,ソフトウェア,そしてパイロットや管制官を含む人間社会が協働する航空管制システムという複雑系に,どのようにASASのような新しいオートメーションを実現するのか?これまでに,世界の科学技術者たちと働いてきた経験談なども織り交ぜながら,ASAS研究開発の内容,NASAやボーイング社などが実施した実験,国連の専門組織が進める実用化に向けた世界動向などをお話しする.

講師略歴

伊藤 恵理

伊藤 恵理(いとう えり)君

2007年,東京大学大学院博士課程修了(航空宇宙工学専攻).国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 電子航法研究所 主幹研究員,日本学術会議 連携会員.オランダ航空宇宙研究所やNASAエイムズ研究所などの研究職を経て,現職に至る.航空機の自律飛行(ASAS)と,管制官の知的業務を一部自動化するシステムを連携し,首都圏に集中する航空交通を安全かつ効率的に管理する研究開発に従事している.ICAS McCarthy Award,John J. Green Awardなど受賞.著書に『空の旅を科学する』(2016年 河出書房新社),『飛航管制的祕密世界』(2017年 臉譜出版)がある.


招待講演 3 (誘導制御シンポジウム 招待講演2)

「宇宙分野におけるカルマンフィルタの応用」

主催・企画

計測自動制御学会 制御部門 アドバンスト航法誘導制御技術調査研究会

日時・場所

3月11日(日)12:40〜14:20 Room 9

講師

岩田 隆敬 (宇宙航空研究開発機構)

概要

宇宙分野への応用は,カルマンフィルタの誕生,認知,普及,発展に大きな役割を果たしてきた.軌道決定へのニーズが最小二乗法を生み,アポロ宇宙船の航法へのニーズが,発見されたばかりのカルマンフィルタに応用の場を与え認知・普及を進めただけでなく,拡張カルマンフィルタ等の開発という発展につながった.以来,様々な応用が考案され,今日では多くの宇宙機が姿勢決定,軌道決定等にカルマンフィルタを搭載している.姿勢決定では,異種センサそれぞれの強みをブレンドし,広い帯域に亘り高精度の姿勢推定を可能にしている.軌道決定では,拡張カルマンフィルタにより,例えばGPS信号計測値と高次の力学モデルをその時々の誤差特性に応じてブレンドし,高精度な軌道推定を行う.本講演では,これらの応用例を解説するとともに,最新の動向を紹介する.

講師略歴

岩田 隆敬

岩田 隆敬(いわた たかのり)君

1985年東京大学工学部航空学科宇宙工学コース卒業.同大学大学院航空学専攻工学修士.スタンフォード大学大学院航空宇宙学科M.S.,Ph.D.(主専攻:航空宇宙工学,副専攻:電気工学).宇宙開発事業団(現,宇宙航空研究開発機構)入社,ALOSプロジェクトチームにて,姿勢軌道制御系(含,姿勢推定系),スタートラッカ,GPS受信機(含,軌道推定系),地上の高精度指向決定系などの開発・運用を担当.その後,誘導・制御グループ長として,いくつかの人工衛星の姿勢軌道制御系の開発,姿勢センサ・アクチュエータの研究開発を指揮.現在,チーフエンジニア室長として,プロジェクトマネジメント・システムズエンジニアリングの推進やプロジェクトの独立評価を指揮.計測自動制御学会,日本航空宇宙学会,AIAAの会員.

チュートリアル

以下のチュートリアルが開催されます.


チュートリアル1(制御理論シンポジウム チュートリアル)

「IoT社会における制御システムセキュリティの最前線」

主催・企画

計測自動制御学会 制御部門 制御理論部会

日時・場所

3月10日(土)9:20〜11:20 Room 6

講師

澤田 賢治(電気通信大学),阿部 真吾(JPCERTコーディネーションセンター)

概要

IoTが浸透しつつある社会において,モノとモノ,人とモノをスムーズにつないで動かすことがスマート社会実現のための重要なキーポイントとなってきています.そこでは,全体の制御システムとしての性能を向上させることも重要である一方で,センサーやアクチュエータの情報を伝達している以上,セキュリティの問題を避けてとおることはできません.これは,単に情報だけでとじたシステムのセキュリティではなく,モノも含めた情報空間と物理空間の相互関係における制御システムのセキュリティを考えなければならないことを意味しています.よって真の意味で,制御技術がIoT社会の根幹技術となるためには制御システムセキュリティの確立は,本質的重要な課題であるといえるでしょう.さらに,社会での基盤技術であることを考えると,大学での研究に加えて,産業界からも実運用の観点からの取り組みも重要です.
そこで,本チュートリアルでは,制御システムセキュリティに関する最新の話題を,産学双方の二人のトップランナーをお迎えしてご講演いただくことにしました.そして,このチュートリアルを通じて,制御に関連する研究者や技術者が,制御システムセキュリティの重要性を認識し,また,それぞれが抱えている制御の問題のなかにセキュリティの考え方をいかに取り入れるかを考えるきっかけにしたいと思います.

プログラム

9:20–10:20(60分)制御システムのホワイトリスト:多階層検知と協調動作   講師:澤田 賢治(電気通信大学)

産業制御システムのサイバーセキュリティ技術の1つとして「ホワイトリスト」が着目されている.従来のホワイトリスト型セキュリティソフトが操作端末や通信端末などの単一機器適用に限定されているのに対して,本発表では操作端末,通信機器,制御機器毎にホワイトリストを適用し協調動作を実現する協調型ホワイトリストについて扱う.ホワイトリストのモデルベース設計や,サイバー攻撃中のシステム稼働を実現する縮退運転などについても解説する.

10:20-11:20(60分)制御システムに関する最近の脅威とJPCERT/CCの取り組み   講師:阿部 真吾(JPCERTコーディネーションセンター)

近年,制御システムを狙ったサイバー攻撃が海外で複数確認されている.また,制御システムを直接狙ったものだけでなく,間接的にサイバー攻撃の影響を受けるような事例も確認されている.特に,2017年度はランサムウエアによる被害が多発しており,国内外で工場の操業にも影響を与えるような被害が報告されている.本発表では,制御システムに関連する最近の脅威やセキュリティ対策,JPCERT/CCが行っている取り組みなどについて紹介する.

講師略歴

澤田 賢治(さわだ けんじ)

澤田 賢治(さわだ けんじ)君

2009年大阪大学大学院工学研究科機械工学専攻博士後期課程修了.同年電気通信大学システム工学科助教,2010年同大学知能機械工学科助教,2015年同大学 i-パワードエネルギー・システム研究センター准教授となり現在に至る.博士(工学).ハイブリッドシステムや制御系セキュリティに関する研究に従事.システム制御情報学会,電子情報通信学会,電気学会,IEEE会員.2016年より制御システムセキュリティセンター顧問.

阿部 真吾(あべ しんご)

阿部 真吾(あべ しんご)君

JPCERTコーディネーションセンター 制御システムセキュリティ対策グループ情報セキュリティアナリスト.2008年に東芝ソリューション株式会社に入社し,IT セキュリティに関する研究開発(暗号実装,Android Tablet 向けMDM開発,鍵管理システム開発等)に従事.2014年10月より,JPCERTコーディネーションセンター 制御システムセキュリティ対策グループに着任.主に制御システムに関するインシデント対応,情報収集・分析・発信,関係構築等に従事.


チュートリアル2(システム構築と制御技術シンポジウム チュートリアル)

農林業用ロボティクスとその制御技術

主催・企画

計測自動制御学会 制御部門 制御技術部会

日時・場所

3月9日(金)9:00〜9:40,3月11日(日)9:00〜9:40 Room 7

講師

飯田 訓久(京都大学),真鍋 伸次(埼玉りそな産業経済振興財団)

概要

日本の農林業は、担い手の高齢化が急速に進み、労働力不足が深刻となっている.このため,農作業における省力・軽労化を更に進めるとともに,新規就農者への栽培技術力の継承等が重要な課題となってきている.一方,工業やサービス分野において,ロボット技術(RT)やリモートセンシング技術、クラウドシステムをはじめとしたICTの活用、またこれらを統合しシステムとして機能を最適に発揮させるシステム・制御技術(SCT)応用が積極的に進められており,農林業分野への展開,すなわちスマート農林業が期待されている.このような背景のもと,超省力・高品質生産を実現する新たなスマート農林業に向けてのRTやICT,SCTに関する研究者を集め,事例・技術の紹介からはじまり横断的な議論を促す場として,「農林業用ロボティクスとその制御技術」というオーガナイズドセッションを企画する.このオーガナイズドセッションの連動し,制御分野の研究者・技術者にも農林業分野における興味・関心を持っていただくためのきっかけとして,農業ロボットの先駆的な研究事例の紹介や,国内における農林業ロボティクスに関する政策や補助事業の情報展開に関するチュートリアル講演を企画する.

プログラム

3月9日(金)9:00–9:40(40分) 産学官・地域連携による農業イノベーションの推進   講師:真鍋 伸次(埼玉りそな産業経済振興財団)

農業の担い手の減少の課題を解決するために,産業界をはじめ大学・研究機関でロボットやICTの開発が期待されているが実際に実用化した事例はまだ少ない。その原因の一つに農業現場や農業を取り巻く環境,その本質的な課題に対する理解不足があるが,今後人口減少社会のなかでの付加価値の低い農業分野の社会的課題を解決するためには,産学官金や農商工の新たなプラットフォームを通じた価値創造プロセスの構築が重要となってくる。本発表では,国や産業界におけるスマート農業に対する取組を俯瞰するとともに,埼玉県で進めている新たなプラットフォームの事例紹介を通じて,農業イノベーションの推進に向けた方策について報告する.

3月11日(日)9:00–9:40(40分) 農業機械の自動運転技術について   講師:飯田 訓久(京都大学)

農業生産における労働力不足を補うため,トラクタ,田植機,コンバインなどの農用車両の自動運転技術の実用化が進められている.航法センサにはリアルタイムキネマチック式人工衛星測位システム(RTK-GNSS)と慣性測定装置(IMU)を用い,目標経路に追従しながら農作業を行う.また,障害物の検出には,カメラ,LiDARおよびソナーなどを複合的に用いて,人や物体との衝突回避を行う.さらに,ICTを活用して機械の運用状態だけでなく,農作業に応じた情報(播種量,施肥量,収穫物の量や水分など)もクラウドサーバに蓄積・分析して栽培管理法の決定も試みられている.本発表では,研究開発事例を紹介すると共に,実用化に向けた課題について報告する.

講師略歴

真鍋 伸次(まなべ しんじ)

真鍋 伸次(まなべ しんじ)君

1983年3月関西学院大学経済学部卒,1983年4月埼玉銀行(現埼玉りそな銀行)入行,2001年4月同熊谷駅前支店長,2002月10月(財)埼玉りそな産業協力財団産学交流推進室長,2012年10月埼玉りそな銀行法人部地域産業応援室長,2015年1月(公財)埼玉りそな産業経済振興財団産学官連携推進室長,現在に至る.2013年中小企業診断士,2014年4月~2016年3月埼玉大学オープンイノベーションセンター客員教授,2015年農業経営アドバイザー,2017年埼玉県農業イノベーション研究会アドバイザー.主な活動として,産学官・地域連携による食と農の産業振興施策を提言し,埼玉県との協業による埼玉型フードシステム研究会,農業ロボット研究会など主宰.

飯田 訓久(いいだ みちひさ)

飯田 訓久(いいだ みちひさ)君

1989年3月京都大学農学部農業工学科卒,1991年3月同大学大学院農学研究科農業工学科修士課程修了,1997年3月京都大学博士(農学)取得,1991年6月京都大学農学部助手,1998年2月同大学大学院農学研究科助教授,2007年4月同研究科准教授,2012年4月同研究科教授,現在に至る.2001年3月~10月米国フロリダ大学客員助教授.1997年農業機械学会研究奨励賞受賞,2009年農業機械学会学術賞受賞,2011年EAEF Best Paper Award受賞,同年農業機械学会関西支部賞受賞.主な研究分野は,農業機械へのロボッティクス・メカトロニクスの応用,精密農業のための農業機械の情報化技術.農業食料工学会,ASABE,日本ロボット学会,SICE等の会員.


チュートリアル3(プラントモデリングシンポジウム チュートリアル)

プラントモデルを活用した制御システム開発の最新動向・EV時代に向けて

主催・企画

計測自動制御学会 制御部門 プラントモデリング部会

日時・場所

3月10日(土)12:30〜16:20 Room 8

講師

岩倉 淳(IDAJ),都築 勝也(dSPACE Japan),村瀬 道夫(小野測器),青木 仁孝(IAV)

概要

制御システム開発において,検証・適合のために,実験を通じて得られた計測データの活用が,一般的に行われています.特に,制御設計や適合の領域では,得られたデータを処理し,伝達関数や応答局面などのプラントモデル化することで,論理的・効率的に設計・適合を行うモデルベース開発が提唱されてきました.近年は,計算機パワーの増大に伴い,機械学習や最適化手法の高度化,それらを取り込んだツール群の進展により,本格的な実用化の段階に入っております. このため今回は,「プラントモデルを活用した制御システム開発の最新動向・EV時代に向けて」をテーマにして,プラントモデルを活用した制御システム開発の方法論と,それを実装した周辺ツール群を概観すると共に,内燃機関からEVへのシフトという大きな流れの中で,EV開発への適用にも触れていただき,理解を深めることを目的とします.

プログラム

12:30–12:40(10分)開催案内と挨拶   楊 子江(茨城大学),江尻 革(トランストロン)
12:40–13:30(50分)機能安全プロセスに対応したモデルベース開発環境と事例の紹介   講師:岩倉 淳(IDAJ)

近年,モデルベース開発(MBD)は広く設計・開発の現場に適用されている.MBDと一口に言っても,ハードウェア設計者とソフトウェア設計者でイメージするモデルが異なることがしばしば見受けられる.しかし,MBDを更にシステム設計領域に適用する動きも見られ,ハードウェア/ソフトウェアを考慮する以前に,機能という観点からモデルを作成する試みも始まっている.更にシステム設計領域でのMBD活用に加えて,機能安全規格への準拠に対しても,MBDの中で対応を行おうとする動きが活発化している.本セッションでは,当社取り扱いのモデルベース開発環境SCADEを中心に,システム設計レベルからモデルを適応し,かつ機能安全規格へ対応した設計プロセスについて紹介する.また,1Dシミュレーションツール(GT-SUITE)を用いたハードウェア/ソフトウェアモデルを連携したテストについても紹介する.

13:30–14:20(50分)EVで必要なリアルタイムプラントモデルとHILシミュレーション   講師:都築 勝也(dSPACE Japan)

EV時代に向け,PC上のシミュレーションを用いたコントローラ制御開発からHIL(Hardware In the Loop)シミュレータを用いた実ECUの検証まで使用できるモーター,インバーター,バッテリー,車両運動などのプラントモデル作成のコツをMathworks社のMATLAB/Simulink®をプラットフォームとして作られたdSPACE製の自動車用リアルタイムプラントモデルであるASM(Automotive Simulation Model)を例として解説する.合わせてモデルベース開発で行われるPC上のシミュレーション,MIL(Model In the Loop),SIL(Software In the Loop)などのオフラインシミュレーション及び専用のハードウェアを使用し実ECUを接続したオンラインシミュレーションであるHILを効率良く行うために最適なツールチェーンについて解説を行う.HILの活用では,モーター,インバーターなど高速制御が必要なアプリケーションに対するソリューション,リチウムイオンなどの駆動用バッテリーで必要な高電圧,高電流に対応するソリューションも実例を交えて解説する.

14:20–14:40(20分)休憩
14:40–15:30(50分)プラントモデルと制御モデルを活用したECUマップ最適化手法   講師:村瀬 道夫(小野測器)

排出ガス・燃費低減等の性能向上に向け,自動車のエンジン制御は高機能化・複雑化を加速している.多様な運転条件での性能向上を実現するため,数理的手法によるデータ計測を含めた作業の効率化も不可欠となっている.本講演では,ECUマップ最適化支援システム(ORANGE)を用いた,データ計測・プラントモデルの同定・制御モデルの接続・制御パラメータ(ECUマップ)最適化までの一連の処理について説明し,合わせてEV活用の鍵となる給電設備配置問題への応用を紹介する.

15:30–16:20(50分)ECUモデルキャリブレーションのための最適化手法について   講師:青木 仁孝(IAV)

ここ十年もの間,コンピュータとシミュレーション技術に大幅な改善が見られたものの,クローズドループシミュレーションのプラントモデル作成やオープンループシミュレーションモデルの検証に使用するため,実験測定データの重要性はますます上がっています.この発表では、オープンループECUモデルのキャリブレーション最適化手法について説明し,さらにそのモデルベースのキャリブレーションプロセス例をご紹介いたします.
内容:MBCなど要素技術紹介;既知のECU構造に対する最適化について;モデルセットアップと最適化の例について(実験データ統計(DoE)エンジンモデル + ECUモデル);将来技術として:クローズドループキャリブレーションプロセス(Simulink環境による過渡DoEエンジンモデル + ECUモデル + Axisuiteモデルの実行).

講師略歴

岩倉 淳(いわくら あつし)

岩倉 淳(いわくら あつし)君

2007年東海大学大学院航空宇宙学専攻修了.同年(株)IDAJ入社.1Dシミュレーションツールを中心としたCAEソリューションの提供に従事.2010年より機能安全認証に特化したモデルベール開発ソリューションの提供,導入支援,技術サポートに従事.現在に至る.解析技術2部.

都築 勝也(つづき かつや)

都築 勝也(つづき かつや)君

2005年日系自動車部品メーカーを経てdSPACE Japan入社.入社以来プラントモデルを含むHIL(Hardware In the Loop)シミュレータのアプリケーションエンジニアとして,SCALEXIOなどのシミュレータ及びdSPACE製の市販プラントモデルであるASM(Automotive Simulation Model)を使用し,パワートレイン領域,車両運動領域,電装領域などの単体シミュレータから,自動車1台分全てのECUを接続するバーチャルビークルなど様々なアプリケーションにおいてTurn Keyエンジニアリングを実施.2010年 技術部HILグループリーダー.2018年ソリューション技術部シニアテクニカルエキスパート.モデルベース開発を行うお客様に対して,お客様にとって最適な環境の提案を行っている.

村瀬 道夫(むらせ みちお)

村瀬 道夫(むらせ みちお)君

2002年京都大学大学院理学研究科修士課程(数学・数理解析専攻)修了.計算処理の開発,適用を中心とするソフトウェア開発に携わる.2009年以降は株式会社小野測器にて,ECUマップ最適化ソフトウェア等の開発や,実験計画・モデル同定・最適化等の研究に従事している.

青木 仁孝(あおき まさたか)

青木 仁孝(あおき まさたか)君

米系自動車部品メーカーを経て,2010年にIAV株式会社へ入社.プロジェクトマネージャーとして主にガソリンエンジンに関する開発プロジェクトを担当しているが,他にトランスミッションや車両システム・部品等の開発プロジェクトも担当し,お客様に最適なプロジェクトの提案を行っている.


制御技術部会 パネル討論(システム構築と制御技術シンポジウム チュートリアル)

制御技術2.0:これからの制御技術の在り方を考えよう!

主催・企画

計測自動制御学会 制御部門 制御技術部会

日時・場所

3月9日(金)13:40〜15:20 Room 3

パネリスト

浅井 徹(名古屋大学),浅野 一哉(JFEスチール),大谷 哲也(横河電機), 加納 学(京都大学),平田 光男(宇都宮大学),山口 高司(リコー)

趣旨

制御は大変面白い.ジェームス・ワットの蒸気機関に対する遠心調速器にはじまり,オートメーション,通信,誘導,化学など工学における制御の活躍はもちろんのこと,ロボット,エネルギー,核反応,量子 力学,サイバネティクスといった工学にとどまらない領域,生物/細胞,経済,環境といった人間社会活動にも「制御」の仕組みが存在しています.工学を超えた普遍性があり,制御のフロンティアは今後も一層広がりを見せるでしょう. 技術は,原理や理を,人間社会に役立つ形にするしかたやわざといった行為(コト)であり,時空間で様々な様相をみせる社会の変化に伴って,やはり技術も変遷していくものです.制御という技術もやはり同様と考えます. 今日,ネットワーク,IoT,ビッグデータ,ポストペタコンピューティング,スマートグリッド,AI,深層機械学習,量子コンピュータ,セキュリティ,サイバーフィジカル,Industry 4.0というキーワードが生まれ,少子高齢化,エネルギー・環境問題,経済格差,仮想通貨,地方創生など人間社会も急激に変化している中で,「制御技術」はこれからどうあったら,より有益であったり,役にたちそうであったり,面白そうでしょうか? それを産業界,学界で活躍されているパネリストからお話しいただき,参加者の皆さまと一緒にこれからの制御技術のあり方を考え,計測制御自動学会制御部門としてこれからの制御技術にどう向き合うのか模索する場を設けます.多くの皆様のご参加を期待します.

パネリスト略歴

浅井 徹(あさい とおる)

浅井 徹(あさい とおる)君

1996年3月東京工業大学大学院理工学研究科制御工学専攻修了.同年1月日本学術振興会特別研究員.1999年3月大阪大学大学院工学研究科助手,2002年4月同研究科講師,2005年4月同研究科助教授,2007年4月同研究科准教授,2015年4月名古屋大学大学院工学研究科准教授となり,現在に至る.IEEE,計測自動制御学会,システム制御情報学会,鉄鋼協会の会員.博士(工学).

浅野 一哉(あさの かずや)

浅野 一哉(あさの かずや)君

1983年東京大学大学院工学系研究科計数工学専攻修士課程修了.同年,川崎製鉄(株)入社,2003年NKKとの統合によりJFE技研(株)勤務,09年組織変更によりJFEスチール(株)勤務.14年同社スチール研究所主席研究員,現在に至る.93~94年 California Institute of Technology,94~95年 Swiss Federal Institute of Technology (ETH)客員研究員.博士(工学).鉄鋼プロセス制御の研究開発に従事.本会技術賞・友田賞,論文賞などを受賞.IFAC TC on MMM Vice-chair,同 Industry Committee executive member.SICE,日本鉄鋼協会の会員.

大谷 哲也(おおたに てつや)

大谷 哲也(おおたに てつや)君

1985年大阪大学大学院修士課程修了後,横河電機(株)へ入社.プロセス制御,プラントモデリング&シミュレーション,最適化,データ解析などの研究開発,またオペレータ訓練システムのエンジニアリング,イメージデバイス画質検査装置の開発などに従事.2006~07年SICE理事,09年SICE制御部門長を務めた.SICEフェロー,工学博士.

加納 学(かのう まなぶ)

加納 学(かのう まなぶ)君

1992年京都大学工学部化学工学科卒業.94年同大学院工学研究科化学工学専攻修士課程修了.同年同助手,助教授・准教授を経て,2012年京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻教授となり,現在に至る.プロセスシステム工学,プロセスデータ解析,プロセス制御などの研究に従事.本会論文賞・技術賞・制御部門パイオニア技術賞,J. Chem. Eng. Japan Outstanding Paper Award,日本鉄鋼協会計測・制御・システム研究賞などを授賞.SICE,AIChE,IEEEなどの会員.博士(工学).

平田 光男(ひらた みつお)

平田 光男(ひらた みつお)君

1996年千葉大学大学院自然科学研究科修了.同年千葉大学助手,04年宇都宮大学助教授,07年同准教授,13年同教授現在に至る.博士(工学).02年~03 年カリフォルニア大学バークレイ校機械工学科客員研究員.ロバスト制御,ナノスケールサーボ制御,およびそれらの産業応用に関する研究・教育に従事.システム制御情報学会,電気学会,日本機械学会,IEEEの会員.

山口 高司(やまぐち たかし)

山口 高司(やまぐち たかし)君

1981年東京工業大学大学院総合理工学研究科精密機械システム専攻修士課程修了.同年,(株)日立製作所入社,機械研究所配属.2003年日立グローバルストレージテクノロジーズ.主にハードディスク装置(HDD)機構・サーボ制御技術の研究開発に従事.08年より(株)リコー.基盤技術研究所長,先端技術研究センター長,技師長を経て,現在顧問技師長.博士(工学).86~87年カリフォルニア大学バークレー校客員研究員.HDDなどの精密メカトロニクス機器の制御技術開発に従事.日本機械学会賞(技術),計測自動制御学会技術賞,同著述賞を受賞.日本機械学会フェロー,電気学会上級会員,SICE,精密工学会の会員.


ワークショップ

以下のワークショップが開催されます.

ワークショップへの参加登録は別途必要です.詳しくは参加申し込みページをご覧ください.


ワークショップ 1

「非線形制御じゃなきゃだめなんです!!」

主催・企画

計測自動制御学会 制御部門 事業委員会

日時・場所

2018年3月8日(木) 13:00~16:40

定員

60名

講師

三平 満司(東京工業大学),石川 将人(大阪大学),井上 正樹(慶應義塾大学),南 裕樹(大阪大学)

概要

本ワークショップでは,線形制御理論の延長では扱うことのできない非線形性をどのように扱うかについて第一線の研究者に講演いただきます.非線形システムならではの制御の醍醐味を,実践的な事例なども通して,ご堪能いただければと思います.

プログラム

13:00-13:50(50分)劣駆動系:非線形制御の玉手箱   講師:三平 満司(東京工業大学)

非線形制御対象を制御する場合,制御対象の線形近似が可制御な場合には近似線形化したシステムに対して線形制御理論を用いることにより安定化コントローラを設計できる.実は,このようなシステムに対して非線形制御理論を適用したとしても,原点近傍の挙動は線形制御以上の制御性能の改善ができないことがわかっている.一方,線形近似システムの可制御性が何らかしらの意味で原点で特異性を持つシステムでは近似線形化を用いた制御が不可能となり,本当の意味で非線形制御理論が必要になってくる.ここでは劣駆動系(自由度よりアクチュエータの数が少ないシステム)でこのような本質的な非線形性が種々あることを示し,それに対する講演者の研究を紹介する.

13:50-14:40(50分)非線形制御で荒野を征く:自然現象を理解し操るために   講師:石川 将人(大阪大学)

非線形制御は,線形の範疇では扱い得ない大振幅・大自由度な現象を扱ってこそ真価を発揮する.本講演では,生物の運動機能や不整地でのロコモーションなどを題材にとり,複雑な自然現象のなかに非線形制御を埋め込むことによって振る舞いを理解しようとする考え方,およびその数理的基盤として,非線形系の可動範囲を十分に活かして操るためのフルスイング制御および位相振動子による制御について論じる.

14:40-15:00(20分)休憩
15:00-15:50(50分)複雑現象の理解のための分岐理論   講師:井上 正樹(慶應義塾大学)

本講演の狙いは,分岐理論を用いて複雑な実現象を理解し説明する面白さを伝えることである.そのため数学理論の説明は必要最小限に留め,生体分子系や電力系統で生じる分岐現象の紹介を中心としてお話する.具体的には,遺伝子ネットワークで生じる振動現象,細胞の初期化や分化現象,自然エネルギーの大量導入による電力系統の崩落や不安定化を分岐理論の言葉で説明する.この中で,安定な制御系を設計するという制御工学分野の常識から離れて,不安定だからこその面白さ,精密な設計ではなく粗雑にでも現象を理解するといった常識の違いも感じて頂ければ幸いである.

15:50-16:40(50分)ノイズシェーピング量子化:非線形性を見えなくする技術   講師:南 裕樹(大阪大学)

本講演では,不感帯やバックラッシュなどの非線形性を有する動的機械システムの制御を対象とする.そして,「ノイズシェーピング量子化」を用いて非線形性を補償する方法を紹介する.これは,できるだけシステムの出力に影響を与えないようなノイズ(量子化ノイズ)を制御入力に加えることで非線形性の影響を小さくするものであり,これにより,従来の線形制御理論が利用可能となる.本講演では,ノイズシェーピング量子化の基礎から応用,そして,制御のためのノイズシェーピング技術に関する最近の取り組みを紹介する.

講師略歴

三平 満司(さんぺい みつじ)

三平 満司(さんぺい みつじ)君

1960年生.1983年東京工業大学工学部制御工学科卒業,1987年同大学大学院理工学研究科制御工学専攻博士後期課程修了.千葉大学工学部助手,助教授,東京工業大学情報理工学研究科助教授,同大学大学理工学研究科機械制御システム専攻教授を経て,現在,同大学工学院システム制御系教授.非線形制御理論とその応用の研究に従事.計測自動制御学会,システム制御情報学会,日本ロボット学会,機械学会,IEEEなどの会員.

石川 将人(いしかわ まさと)

石川 将人(いしかわ まさと)君

1994年東京工業大学工学部制御工学科卒業,2000年同大学院情報理工学研究科博士後期課程修了,博士(工学).東京工業大学大学助手,東京大学助手,京都大学講師を経て,2010年大阪大学大学院工学研究科機械工学専攻准教授,2014年より同教授となり現在に至る.非線形制御の理論を核に非ホロノミック拘束系の力学と制御,移動ロボット,生物ロコモーション,三本足の移動機構などの研究に従事.2008年システム制御情報学会論文賞,2009年計測自動制御学会制御部門パイオニア賞,2010年同学会論文賞・武田賞,2017年NOLTA best paper awardなどを受賞.計測自動制御学会,システム制御情報学会,日本機械学会,IEEEなどの会員.

井上 正樹(いのうえ まさき)

井上 正樹(いのうえ まさき)君

1986年生.2012年大阪大学大学院工学研究科博士後期課程修了.2010年日本学術振興会特別研究員(DC2),科学技術振興機構 FIRSTプロジェクト研究員,東京工業大学特別研究員を経て,2014年より慶應義塾大学理工学部物理情報工学科助教となり現在に至る.博士(工学).動的システムの安定論に関する研究に従事.2013,2015年度計測自動制御学会論文賞,2014年度システム制御情報学会論文賞,2017年度電気学会産業応用部門論文賞などを受賞.IEEE,計測自動制御学会,システム制御情報学会,電気学会の会員.

南 裕樹(みなみ ゆうき)

南 裕樹(みなみ ゆうき)君

2009年3月京都大学大学院情報学研究科博士後期課程修了,博士(情報学).2008年~2009年日本学術振興会特別研究員(DC2),2009年4月舞鶴工業高等専門学校助教,2013年4月京都大学特定研究員,同年7月特定助教,2014年10月奈良先端科学技術大学院大学助教,2017年1月大阪大学大学院工学研究科機械工学専攻特任講師,同年4月より講師となり現在に至る.ノイズシェーピング量子化とその応用に関する研究に従事.2006年度計測自動制御学会学術奨励賞(研究奨励賞),2011年度計測自動制御学会関西支部支部長賞(奨励賞),2016年計測自動制御学会制御部門大会賞などを受賞.計測自動制御学会,システム制御情報学会,日本機械学会,IEEEなどの会員.


学生向け企業ランチョンセッション

制御・システムを専門とするシンポジウム参加学生を対象に,企業のランチョンセッションを実施します.企業の講演者には自社のシステム制御技術を学生向けに講演して頂き,学生はシステム制御技術の重要性を学ぶ機会とします.

実施時間帯は一般講演の間の昼休みです.参加学生には弁当の提供(無料)があります.

以下のランチョンセッションが開催されます.

ランチョンセッションへの参加登録は別途必要です.詳しくは参加申し込みページをご覧ください.


ランチョンセッション1

アイシン精機

日時・場所

2018年3月9日(金) 12:50~13:30 Room 10

定員

30名

講演者

小久保 聡,須貝 真也(アイシン精機)

概要

システムが複雑化・大規模化する中,製品試作前の設計段階で性能を作りこむ手法であるモデルベースを基盤とした開発が常識的になってきた.この様な中で当社は,利便,安全,燃費を追求したシステム製品を,制御理論を核に製品化し技術の差別化を行っている.本講演では,過去の製品開発における制御設計プロセス適用事例を紹介する.また,複雑化・大規模化するシステムを全体最適で検討できる人材育成の取り組みを紹介する.

ランチョンセッション2

JFEスチール

日時・場所

2018年3月9日(金) 12:50~13:30 Room 11

定員

30名

講演者

浅野 一哉,茂森 弘靖(JFEスチール)

概要

JFEスチールでは,地球の裏側から運んできた原料を加工して種々の鉄鋼製品を製造し,国内外のお客様にお届けしている.製鉄所は無数のサブシステムからなるSystem of Systemsであり,鉄鋼材料の微細組織からグローバル物流に至るまで,時間的にも空間的にもマルチスケールな大規模複雑系である.それらを秩序正しく機能させ,高品質,高能率な鉄鋼製造を可能とするための新たな視点をご紹介したい.

ランチョンセッション3

MathWorks Japan

日時・場所

2018年3月9日(金) 12:50~13:30 Room 12

定員

30名

講演者

赤阪 大介(MathWorks Japan)

概要

自動運転,ロボティクス,AIといった技術開発が加速する中,システムはますます複雑化し,システム制御技術の重要性はより一層増しています.本講演では,産業界におけるシステム制御技術の研究・開発を支えるツールの重要性について,MATLAB,Simulinkの産業界での使われ方や最新機能を交えてお伝えします.ぜひ,皆様の今後の研究活動にお役立てください.MATLABと一緒に未来を切り開く,熱き学生の皆様の参加をお待ちしています.

ランチョンセッション4

デンソー

日時・場所

2018年3月10日(土) 11:30~12:10 Room 10

定員

30名

講演者

田中 英明(デンソー)

概要

デンソーは,自動車の3万点ほどある部品のうち,走る・曲がる・止まる・つながるといった自動車の最重要機能に関わる様々なシステム・製品を提供する,グローバルな自動車部品メーカーです.本セッションでは,自動運転や高度運転支援,電動化を中心にデンソーにおけるシステム制御技術と,発表者の所属部署でのシステム制御技術に関する取り組みを紹介する.